NISEKO.CITYとは


NISEKO.CITYは、ニセコドットシティと読みます。

ニセコとは、北海道の西側にあるリゾート地の名前です。驚くほど軽い雪「パウダースノー」が降り積もるリゾート地で、アジアでトップクラスのエリアとなってきました。ご存知でしたでしょうか。

スキー・スノーボードを楽しむ人にとっては、「バンクーバーか、ニセコか」というように、世界の中で「今シーズンはどこの雪がいいか」を考える選択肢のエリアとなっているようです。
東側には、「蝦夷富士(エゾフジ)」と呼ばれる羊蹄山(ようていざん)があり、西側にはニセコアンヌプリと呼ばれる山脈があります。

スキーやスノーボードなどのアクティビティを楽しむリゾート地であることから、海外からも若者たちが多く訪れます。インストラクターガイドの仕事も多く、仕事をしながら滞在している若者も多くなりました。

また、滞在する人、訪れる人と会って感じるのは、「自由に生きたい」と考える人が多い。アクティビティを好むアウトドア派には、特に多いのかもしれません。

お金をかけたくないから、歩く。薪ストーブを使う。DIYで家具をつくる。

当たり前のように、電力会社やガス会社に光熱費を支払う、移動でタクシーに乗る、インテリアショップから家具を買うようなことはしないのです。
もちろん、お金は無いわけではなく、「そんなものにお金を使いたくない」と考えるのでしょう。

そんな人たちが多く訪れ、滞在し、住む「NISEKO」という場所や言葉は、この地を好む人が自由に使って良い言葉であっても良いのではないか?そう妄想して、「NISEKO.CITY」という言葉は生まれました。

NISEKO.CITYは、「クリエイティブである」こと、「自由である」ことをさす言葉であるように、発信していきたい。あなたがクリエイティブなことへ進みたくなるよう、NISEKO.CITYは情報を提供していきます。地域のことだけではなく、自由になるための情報を