将来なくならない職業は、クリエイティヴな職業かも

人工知能(AI)が人間を助けてくれるのか、仕事を奪うのか。なーんて時代がもうすぐやってきますね。僕はワクワクしています。

AIは人間が生み出したものなので、僕ら人間が仕事を奪われる、というのは訳わからない話です。AIが奪う、というよりは「オーナーたちがワーカーの仕事を奪う」と言った方がいいのかも。「人間がやりたくない仕事」がなくなる。だからこそ、クリエイティヴなことを人間が集中できる、ともいえる。やりましょう、クリエイティヴなこと。

「じゃあ、何をやったらいいの?」と、ひとに聞いてみたくなりましたか?その指示待ちの態勢が、AIにとって代わられてしまうかも。

あなたのクリエイティヴであり、やりたいことは、あなたの中にあります。ひとの真似をしたり、ひとから奪ったりするものではありません。探し方を下に挙げていきましょう。

過去をさかのぼる

やりたいことを探す方法として、まずは自分の過去をさかのぼってみましょう。

・何が好きで夢中になったか
・何のことで人に褒められたか
・何は続けられず、何を続けたか
・実家の物置に何があるか
・自分のパソコンに何が入っているか

これで、少しはクリエイティヴなこと、やりたいことが見つかるはずです。あとは、その「好き」「褒められた」ことをどうやってクリエイティヴにつなげるか、仕事にするか、です。方向を間違うと、今の生き方よりツラくなるかもしれません。

親友に聞いてみる

あなたの良さは、親友がよく知っているかもしれません。「わたしは何が向いてると思う?」ぐらいのフランクな感じで。ひょっとしたら、好きなことより、得意なことが、あなたの生き方を変えるかも。好きだというものは熱中して、得意なことで稼ぐ。それも良いですね。

めちゃめちゃヒマな時間をつくる

仕事して給料をもらう、すなわち他人に自分の時間を提供していると、自分のことを考える時間は取れません。時間を確保する方法は、以下。

・ヘッドフォンで音楽を聴いて、集中する
・旅に出る
・温泉にゆっくり入る
・家でテレビを消して無になる

ムダと思える時間をつくることで、「やりたい!」と思えるようになるかもしれません。旅に出るとしても、予定をギッチリ詰め込んではいけません。行く方向だけ決める、ぐらいで行きましょう。